中古物件購入のトラブル|大阪府,兵庫県,京都府,奈良県の不動産のことなら仲介手数料が無料又は半額の株式会社Good Heart

HOME > 中古物件購入講座 >  中古物件購入のトラブル

中古物件購入のトラブル

中古物件でよくあるトラブルの事例とその対処法を紹介します。
そして契約時の重要事項説明書、不動産売買契約書の重要性に関して理解しましょう。

主な中古物件購入に関するトラブル

  • 近隣とのトラブル
  • 騒音などの住環境の問題 (現地での確認不足)
  • 契約時に提示された条件と異なる事態が発生した
  • 購入後の不動産会社の対応

中古物件の選び方

トラブル解決のポイント

▼契約時に契約書類をしっかり確認することにつきます。
曖昧な条文などがあった場合は事前にすべて、聞いて解決しておきましょう。そして、契約書の内容を把握するまで、印章を押さないことです。その際の印章はすべて契約者本人が押すことが大切です。口約束は絶対にしないことです。契約はすべて書面で行います。
特約事項、覚書、念書などを書面に残すことも過去にありましたが、現在はプライバシー保護法の関係上、記録として残さない場合の方が多くなっています。
また、不動産会社から事前に物件に係わる説明を受けておくことをおすすめします。

▼またトラブルを避けるためにも、自ら購入前に住宅の構造についてすべて確認しておきます。
過去の修繕履歴と現地内見の際、実際に住んだことをイメージしながら確認しましょう。

  • 建物の確認申請の検査済証が有るかどうかを確認しましょう。
  • 管理人や物件居住者に事前に物件の状況をヒアリングしましょう。

▼中古物件の場合、長期修繕計画をチェックすると修繕積立金の不足が問題となることが多く、これを知らずに購入すると予想外の支出を余儀なくされることがあります。

▼不動産売買の契約時
重要事項説明書を読み上げと確認、ご署名とご捺印を行います。
また、売買契約書に記名及び、押印を行います。重要事項説明に関しても、契約に関しても、当事者に知識があることを前提として行なわれます。
ですので事前に契約時に渡される書類は全て、確認をする事が大切です。

▼重要事項説明書、不動産売買契約書とは
しっかりと内容を把握することがトラブルを防ぎます。
しかし、細かい説明や条文・特約などが盛り込まれていて、なかなか理解しづらいのも事実で、約款部分などは特に見づらいです。重要事項説明書、不動産売買契約書には主に、売買金額、手付金や中間金の額、残代金の支払い時期、その他精算金の額や計算方法、所有権の移転時期について記載されています。
また、契約後のトラブルは、この書類の確認ミスや「疑問点があれば契約後に聞こう」などと安易に考えることが原因になります。

例としては
・万が一住宅ローンが通らない場合はどうする?
・雨漏り、シロアリの害に関しては?
・引越し瑕疵(キズ)が見つかった場合はどうなる
などが挙げられます。

このような細かい取り決めが記載されています。しかし、トラブルのほとんどは契約内容に記載されている事柄なのです。民法・宅建業法・その他多くの関係法規や不動産取引の慣行に照らし合わせながら、一つ一つの条文や特約を理解することで、ほとんどのトラブルは防げると言って良いのです。

   

 

会員登録はこちら