「新築」にこだわらないマンション選び|大阪府,兵庫県,京都府,奈良県の不動産のことなら仲介手数料が無料又は半額の株式会社Good Heart

HOME > 「新築」にこだわらないマンション選び

「新築」にこだわらないマンション選び

駅近物件を安く手に入れることができるのが、中古マンションのメリット

では中古マンションにはどんなメリットがあるのでしょうか。まず考えられるのは、立地の選択肢が広がることです。都市部の駅周辺にはマンションがたいてい建っており、売り出し中の物件も何戸かは見つかるはずです。比較的新しいものから古いものまで、駅に近いものもあれば、バス便の物件もあるでしょう。通勤時間や周辺環境の条件に合わせて、複数の物件から選ぶことが可能です。

そして中古の最大の強みは、やはり価格の安さでしょう。現状のマンション市場は価格が下がり気味か横ばいなので、築年数が古くなれば建物が減価する分、価格は安くなるのが通常です。 築年数にもよりますが、同じような立地条件、広さなら、新築に比べて安いマンションが買えます。価格が同じなら、より広い住戸が手に入るでしょう。新築のように「入居した途端に中古になる」こともないので、購入直後に急に値が下がることもないはずです。

古くてもリフォームすれば「こだわりの住まい」に

マイホーム購入をお考えの方々、さまざまな方法で情報収集につとめていらっしゃるとは思いますが、

購入するには色々な費用や、沢山の悩みに出会うと思います。

もちろん、中古には「建物が古い」という弱点があります。でも、管理状態がよければ古くても快適な住環境が保たれるものです。むしろ中古の場合は管理状態がひと目で分かる点が、新築にはない大きなメリットとも言えます。

さらに建物が古くても、住戸内はリフォームすれば新築と同様に新しい内装や設備を整えることも可能です。新築より安く買える分、浮いたお金で好みの間取りに変えることも可能でしょう。そうした「こだわりの住まい」が実現するメリットを重視して、新築よりむしろ中古を選ぶ人も少なくありません。

また、最近は最初から中古マンションをリフォームして売り出すケースもよく見られます。なかには古いマンションを1棟丸ごとリフォームして分譲する「リノベーション」というケースや、オフィスやホテルをマンションに「コンバージョン」して販売するケースも登場しています。そうした物件の情報はインターネットなどで探すことが可能です。

古い建物は耐震性や配管方法に注意

ただし、古い中古物件を買う際には注意すべき点もあります。まず耐震性の問題です。1981年施行の新耐震基準より前に建てられたマンションには、現行の耐震基準を満たしていない物件が少なくありません。新築時の構造図面で耐震性が確認できればよいのですが、そうでない場合は耐震改修の実績や予定があるかどうかを管理組合に確認する必要があるでしょう。

また、古い建物では、給排水管やガスの配管を壁や床などのコンクリートに埋め込んでいるマンションが見受けられます。そうした場合、配管の移動が制約され、リフォームで水回りの位置を動かすことが難しくなります。さらに配管の点検やメンテナンスが困難なため、長く住むのに適さないケースもあるのです。

こうした点に注意すれば、中古マンションをリフォームして新築並みかそれ以上の快適な住まいを手に入れることは十分可能です。新築マンションのモデルルーム見学に疲れたら、視点を変えて中古物件などにも目を向けてみることをお勧めします。

 

会員登録はこちら